新型コロナウイルス感染症 支援情報まとめ

三田市民対象生活支援策

給 付

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
特別定額給付金

1人一律10万円の給付

国民一人あたり一律
10万円が支給される

オンライン申請もしくは郵送での申請となります。申請書は5月12日以降順次送付されています。
マイナンバーカードで申請される場合は右端問合せ欄の「詳しくはこちら」をクリックして頂いて「マイナポータル(外部サイトへリンク)」から申請を行ってください。
三田市市民課
特別定額給付金担当
☎079-559-5096
平日9時~17時30分
【詳しくはこちら】
子育て世帯への
臨時特別給付金

対象児童1人あたり1万円

令和2年6月15日に児童手当を
受取る銀行口座に振り込み予定

申請不要

本年4月分の児童手当を受給されている方
※対象児童に新高校1年生を含む
※所得制限により特例給付を受給している方を除く
三田市子ども家庭課
☎079-559-5072
平日9時~17時30分
【詳しくはこちら】
修学支援新制度

大学等の授業料・入学金の
免除または減額
給付型奨学金の拡充

新型コロナの影響で、世帯主が失業したり、収入が減り家計が急変してしまった学生
支援対象学校種:大学・短期大学・高等専門学校・専門学校
日本学生支援機構
奨学金相談センター
☎0570-666-301
平日9時~20時
【詳しくはこちら】
住居確保給付金

家賃相当額(上限有)
×最長9カ月

原則3カ月
求職中は最長9カ月

休業等により収入が減少し、住居を失うおそれが生じている人に対して家賃の一部として給付金を支給する制度。(世帯員数による一定の条件有) 三田市権利擁護成年後見
支援センター
☎079-550-9004
平日9時〜17時30分
【詳しくはこちら】
三田市ひとり親世帯
臨時特別給付金

1世帯あたり5万円

申請不要

(5月上旬に案内状配布)

学校園の臨時休業や事業所の休業等により、収入に影響を受けやすいひとり親家庭を支援
※5月末日に児童扶養手当登録銀行口座へ振り込み予定
三田市子ども家庭課
☎079-559-5072
平日9時~17時30分
【詳しくはこちら】


貸 付

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
緊急小口資金

最大20万円の貸付

据置き期間12ヶ月の後
24ヶ月以内に償還

無利子・保証人不要

新型コロナの影響で、収入が減少し緊急かつ一時的な生計維持のための貸付が必要な世帯 三田市社会福祉協議会
☎079-550-9004
平日9時〜17時
【詳しくはこちら】
総合支援資金

最大60万円の貸付

据置き期間12ヶ月の後
10年以内に償還

無利子・保証人不要

新型コロナの影響で、収入の減少や失業等により日常生活の維持が困難となっている世帯 三田市社会福祉協議会
☎079-550-9004
平日9時〜17時
【詳しくはこちら】


免 除

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
水道料金の
全額を免除

水道料金4ヶ月分の免除

※下水道は除く

申請不要

・奇数月請求の方
令和2年7月・9月の検針分
(5・6月/7・8月使用分の4ヶ月)
・偶数月請求の方
令和2年8月・10月の検針分
(6・7月/8・9月使用分の4ヶ月)
三田市上水道課
☎079-559-5156
平日9時〜17時30分
【詳しくはこちら】
国民年金保険料の免除

個人が納める
国民年金保険料の
全部又は一部の免除

新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降に業務が失われたこと等により収入が減少し、所得が相当程度まで下がった方(所得見込額が国民年金保険料免除基準相当 になることが見込まれる場合) 三田市国民年金担当
☎079-559-5067
平日9時〜17時30分
【詳しくはこちら】


猶 予

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
市営住宅家賃の猶予

家賃支払いの猶予

新型コロナウイルス感染症の影響で、収入が減少した市営住宅入居者に対して聞き取りをして柔軟に対応する。 三田市役所都市計画課
住宅政策係
☎079-559-5103
平日9時〜17時30分

事業所・個人事業主・フリーランス支援策

給 付

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
持続化給付金

【給付上限】
個人事業者 100万円
法人 200万円

令和2年1月から12月までのいずれかの月の売上が前年同月比で50%以上減少している者
申請期間:令和2年5月1日~令和3年1月15日
中小企業 金融・給付金
相談窓口
☎0570-783-183
平日9時~17時
【詳しくはこちら】
休業要請事業者経営継続支援事業

中小企業100万円
個人事業者50万円

兵庫県内に事業所を置き、休業要請又は協力依頼(時間短縮含む)に応じ、令和2年4月又は5月の売上が前年同月比50%以上減少した事業者等 経営継続支援金
相談ダイヤル
☎078-361-2281
土日祝含9時~17時
【詳しくはこちら】


助成金

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
三田市小規模事業者
応援助成金

1事業者あたり
一律10万円

申請期間:
令和2年4月27日~6月30日

令和2年4月の売上が昨年同月比20%以上50%未満減少する小規模事業者 三田市産業政策課
☎079-559-5085
平日9時~17時30分
【詳しくはこちら】
小学校の臨時休業に
対応する保護者支援

(委託を受けて個人で
仕事をする方向け)

就業できなかった日
1日あたり 4,100円

令和2年2月27日~6月30日までの期間で、小学校等が臨時休業した場合等に子どもの世話を行うことにより契約してた仕事が出来なくなった保護者で一定の条件を満たす方

申請期間:令和2年9月30日まで

学校等休業助成金・
支援金等相談コールセンター
☎0120-60-3999
土日祝含9時~21時
【詳しくはこちら】
雇用調整助成金

休業手当や賃金の一部を助成
大 企 業 3/4
中小企業 10/10

※条件により異なります

1人1日あたり
8,330円が上限

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者が労働者の雇用維持の為に一時的に休業等の措置をはかった場合、休業手当、賃金の一部が助成される制度 ハローワーク助成金デスク
☎078-221-5440
平日8時30分~17時15分
【詳しくはこちら】


融 資

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
市融資制度の拡充
(中小企業等長期融資)

信用保証料を市が
全額負担
融資限度額 2,000万円
貸付期間拡充
10年以内(据置き12ヶ月

市内で6ヶ月以上同一の事業を営んでいる中小企業者
申し込み方法:
5月中旬以降に直接取り扱い金融機関で申し込み(取り扱い金融機関等詳細については右記「詳しくはこちら」よりご確認ください)
三田市産業政策課
☎079-559-5085
平日9時~17時30分
【詳しくはこちら】


補助金

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
小規模事業者
持続化補助金

上限 100万円

小規模事業者が新たな販路開拓等の取り組みを進める場合に費用の2/3(上限100万円)が補助される。
事業についても2月18日まで遡って申請可能。
1次申請5月1日~5月15日
全国商工会連合会
☎03-6670-3960
平日9時30分~12時・
13時〜15時30分
【詳しくはこちら】
ものづくり・商業・
サービス生産性向上
促進補助金

上限 1,000万円

新型コロナウイルスが事業環境に与える特徴的な影響を乗り越えるために前向きな投資を⾏う事業者 ものづくり補助金事務局
☎050-8880-4053
平日10時~17時
【詳しくはこちら】
IT導入補助金

特別枠 30〜450万円

ソフトウェア購入費用及び導入するソフトウェアのレンタル費用と関連するオプション・役務の費用 一般社団法人
サービスデザイン推進協議会
☎0570-666-424
平日9時30分~17時30分
【詳しくはこちら】


納税猶予

制度・手続名 給付額・概要 対象者・申請方法 問い合わせ
納税の猶予・
納付期限の延長

原則1年の納税猶予

書類申請必要。
個別の事情により異なる為、要相談

事業収入が20%以上減少している方が対象。
申告期限以降も柔軟に受付。
三田市役所収納対策課
☎079-559-5043
平日9時~17時30分

主な質問

 

三田市民対象生活支援策Q&A

Q.
生活の為の資金が不安です。良い支援策はありますか?
A.
まず、特別定額給付金をすぐに申請してください。
その他には上段に掲載の支援策がありますが、緊急小口資金は広くご利用いただけますので評判も良いです。


事業所・個人事業主・フリーランス支援策Q&A

Q.
三田市小規模事業者応援助成金は売り上げの減少が20%以上50%未満の方が対象ですが、なぜ50%未満なのですか?
A.
この制度は持続化給付金を補完する三田市独自の制度なので、売上50%以上減少の方は持続化給付金をご利用ください。
基本的にはどちらかの制度を利用する事になりますが、月ごとの売上げの推移によっては両方の支援を受ける事ができる場合があります。

Q.
雇用調整助成金の申請は難しいと聞きますが作成支援してくれるところはありますか?
A.
雇用調整助成金の申請については三田市商工会で申請書作成支援をされていますのでホームページからご確認ください。
親切な社会保険労務士さんが相談に乗ってくれるそうです。